アイスクリームとソフトクリームとジェラートの違いや定義を紹介!

アイスクリーム

暑い夏に食べたくなる冷たいスイーツといえば、「アイスクリーム」、「ソフトクリーム」、「ジェラート」などがあります。

よくよく考えると、漠然と「アイスクリーム」と「ソフトクリーム」と「ジェラート」の違いについて、正確に答えることができる人は、そんなに多くはないかと思います。

今回は、アイスクリームソフトクリームジェラートの違いは何か、気になるカロリーはどんな感じなのか紹介しますね。

【炎上・話題・最新記事】
合わせて読みたい話題の記事

※こちらで紹介している記事は、掲載時点の情報であるため、最新の情報と異なる場合がありますので、ご了承ください。

■スポンサーリンク■

アイスクリームとは?

ダブルアイスクリーム

アイスクリームは、原料である牛乳などを冷やしながら空気を含むように攪拌して、クリーム状として凍らせたお菓子ですよ。

日本では、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの3種類があり、これらをアイスクリーム類と定義して称しています。

また、クリーム状ではなく、乳成分をほとんど含んでいないものも、アイスクリームに総括されていますよ。

■スポンサーリンク■

ソフトクリームとは?

ソフトクリーム

ソフトクリームについては、アイスクリームとほぼ基本は同じでが、原料の配合や作り方などが若干異なります。

大きな違いについては、アイスクリームの製造後は−30℃以下で冷凍され、販売時は−18℃以下で売られますが、ソフトクリームの場合、製品温度が−5〜−7℃ですよ。

そのため、アイスクリームよりもソフトクリームの方が柔らかいのが特徴ですね。

ジェラートとは?

この投稿をInstagramで見る

ViTO JAPANさん(@vitojapan)がシェアした投稿


ジェラートは、イタリアン語で「凍った」と言う意味を持ち、イタリアでは夏に欠かせない氷菓です。

牛乳、砂糖、果肉、果汁をベースに、時にはコーヒーや香草などを混ぜて凍らせて作りますよ。

また、アイスクリームと比較すると、空気含有量が35%未満で少なくて密度が濃いことから、味にコクがあります。

なお、乳脂肪分については、4〜8%なので、アイスクリームの8%以上と比較すると少なくカロリーも低いですよ。

■スポンサーリンク■

アイスとソフトとジェラートのまとめ

アイスキャンデー

アイスクリームは、ソフトクリームジェラートよりも固く、カロリーは少し高めです。

ソフトクリームは、アイスクリームと基本は似ていますが、作られる過程で冷たさの温度が高く柔らかく、ジェラートよりです。

ジェラートは、アイスクリームよりもソフトクリームよりで、アイスとソフトに比べると、カロリーが少ないです。

以上、アイスクリームソフトクリームジェラートの違いについて、ざっくりではありますが、簡潔にまとめて紹介させていただきました。

【炎上・話題・最新記事】
合わせて読みたい話題の記事

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

■スポンサーリンク■