バイキングとビュッフェの違いや意味は?日本と世界の違いを紹介!

バイキングとビュッフェの違い3

日本国内のホテルでの食事、レストランなどでの食べ放題スタイルのサービスで使用される「バイキング」と「ビュッフェ」について、違いや意味について紹介しています。

バイキング」も「ビュッフェ」は、どちらも食べ放題のイメージが日本国内では強いですが、海外では異なりますので、その点について紹介しています。

【炎上・話題・最新記事】
合わせて読みたい話題の記事

※こちらで紹介している記事は、掲載時点の情報であるため、最新の情報と異なる場合がありますので、ご了承ください。

■スポンサーリンク■

バイキングの意味とは?

バイキングとビュッフェの違い2

バイキングは和製英語で、食べ放題サービスの形式。

定額料金を支払い、好きなものを好きなだけ食べられます。

バイキング=食べ放題」は日本独自のものですよ。

和製英語が作られたのは、1957年に帝国ホテルの社長(犬丸徹三氏)が、旅行先のデンマークで食べ放題の「スモーガスボード」サービスを体験したのがキッカケと言われています。

日本に帰国後、帝国ホテルのサービスとして出すため、「インペリアルバイキング」と名付けられた。

名称の由来は、当時の北欧に対する印象が、豪快に食べられる様子からバイキングの名称が使用されています。

その後、他の飲食店でも焼肉のバイキングなどでも使用され普及し、日本独自の「バイキング=食べ放題」が根付いていますね。

■スポンサーリンク■

ビュッフェの意味とは?

バイキングとビュッフェの違い4

ビュッフェは、セルフサービス形式の食事を指していて、世界で通用する名称です。

好きなものをお皿に取り、取った分だけ支払いをする仕組みです。

日本でのビュッフェでは、食べ放題形式のスタイルが多い状況ですね。

海外でリッチなホテルに宿泊した際、朝食がビュッフェスタイルの場合は、お皿に料理をのせて山盛りにのせて恥をかかないように要注意ですね。

また、ビュッフェの語源はフランス語ですよ。

■スポンサーリンク■

バイキングとビュッフェの違いのまとめ

バイキングとビュッフェの違い5

バイキングは和製英語で、日本独自の食べ放題スタイル。

ビュッフェはセルフサービス形式で、好きなものをお皿に取り、取った分だけ支払いをする仕組みです。

日本国内では、バイキングもビュッフェも食べ放題サービスで提供されていることが多い。

【炎上・話題・最新記事】
合わせて読みたい話題の記事

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

■スポンサーリンク■