発声障害とはストレスが原因?治し方や病院でのリハビリ治療が必要?

発声障害

この記事では、『発声障害とはストレスが原因?治し方や病院でのリハビリ治療が必要?』について記載しています。

2019年11月18日、人気声優の代永翼さんが自身のツイッターでツイートし話題になっています。

それは、代永翼さん自身が発声障害を患っている告白の内容でした。

また、発声障害の影響により、今後の活動が制限する発表です。


発声障害」については、「どんな病気」で、「原因はストレス」なのか、「具体的な症状」は、「治療方法」や「リハビリ」などが必要なのか気になりました。

そのため、この記事では、自分自身も発声障害になった場合のため、発声障害は「どんな病気」で、「症状が発声する原因」や、「具体的な症状」や、「治療方法」等について紹介しますね。

【炎上・話題・最新記事】
合わせて読みたい話題の記事

※こちらで紹介している記事は、掲載時点の情報であるため、最新の情報と異なる場合がありますので、ご了承ください。

■スポンサーリンク■

発声障害とは、発生する機能に障害が生じていることを指し、思うように話したり、歌ったりすることができない状態です。

発声障害については、一時的の場合もありますが、永続的に続く場合もありますよ。

また、発声障害の種類には、「機能性発声障害」や、「痙攣性発声障害」と呼ばれるタイプもありますよ。

原因はストレス?

通常、声を出す時は、発声器官の「喉頭」「咽頭」「」等が連動する事で発声されます。

原因として、声帯ポリープや、喉頭がん等の器質的な異常により、発声障害に至ることがあります。

しかし、上記以外の場合でも、日常で発声障害が起きる場合も。

それは、精神的なショックによるストレスで声が出なくなることもありますよ。

また、不適切な発声をすることにより、その仕方が習慣化し、徐々に声が出しづらくなったり、声が弱々しくなってしまうことも。

なお、発声する際に声が高くなり、輪状甲状筋が優位な状態で「裏声発声」「変声障害」などもあります。

■スポンサーリンク■

具体的な症状は?

発声障害については、一時的な場合も、永続的に続く事もあり、症状は人それぞれ異なります。

よくある症状としては、以下の6つの事が言われていますよ。

1:声が枯れる
2:声が詰まる
3:声が震える
4:声が弱々しくなる
5:ガラガラ声になる
6:声が全く出なくなる

普段、喋れる事が当たり前の状態で、急に声が出なくなってしまうと焦りますよね。

声が出ないと、日常生活や仕事に影響が出てくるので、不安に陥ってしまうので、治療が必要になります。

治療方法は?

発声治療の方法については、症状により治し方がそれぞれ異なります。

器質的な原因の場合は、手術などで対処が可能ですよ。

自分の意思に逆らい無関係に異常な動きをしてしまう対応の発声障害では、手術・ボツリヌストキシンの注射等の治療を選択することもありますよ。

また、「喉頭がん」の場合は、完全に喉頭を切除してしまう事もありますが、食道発声や電気発声などの別の手段で発声を試みる場合もあります。

器質的な異常がない場合は保存的治療で、音声訓練、声の衛生指導等の音声治療を行い、正しい発声方法を身に付ける治療方法もあります。

なお、生活習慣や発声習慣の見直しを行い、心理的な治療を行う事もありますよ。

声が出なくなったら、専門家の治療が必要なので、近くの耳鼻咽喉科に診察しに行く事が大事ですね。

■スポンサーリンク■

発声障害のまとめ

発声障害は発声機能に障害が生じ、話したり歌ったりする事ができなくなる症状。

原因としては、器質的な異常で生じる場合や、機能性発声障害や痙攣性発声障害等のタイプもある。

症状としては、一時的に治る場合も、永続的に続く場合もある。

発声障害の治療方法は、器質的な場合は、手術等で器質的病変に対処し、器質的な異常が存在しないタイプは、保存的治療を行う。

【炎上・話題・最新記事】
合わせて読みたい話題の記事

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

■スポンサーリンク■

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする