バチェラージャパンシーズン3のエピソード1話のネタバレと感想を紹介

この投稿をInstagramで見る

バチェラー・ジャパン🌹<公式>さん(@bachelorjapan)がシェアした投稿


この記事では、Amazonプライム・ビデオ「恋愛リアリティの婚活サバイバル番組」の『バチェラー・ジャパンシーズン3』のエピソード1話で、ローズセレモニーでバラを受け取った15人の女性について、ネタバレと感想を紹介しています。

「レッドカーペットで自己アピール」、「カクテルパーティー」、「ファーストインプレッションローズ」、「ローズセレモニー」について、感想付きでネタバレを紹介しますね。

【炎上・話題・最新記事】
合わせて読みたい話題の記事

※こちらで紹介している記事は、掲載時点の情報であるため、最新の情報と異なる場合がありますので、ご了承ください。

■スポンサーリンク■

レッドカーペットで自己アピール

この投稿をInstagramで見る

バチェラー・ジャパン🌹<公式>さん(@bachelorjapan)がシェアした投稿


1人目に登場したのは、広告代理店広報の野原遥さん(28才)。


シーズン2で登場した若様こと若尾綾香さんにキャラが似ている野原遥さんは、こんばんはと挨拶した流れで、失礼しますと伝えそのままハグ。

自分が一番好きで、一番自分を表現できるブルーのドレスを着た事を伝えます。

「これから始まる友永さんと私のストーリーを、一緒に歩んでいけたら嬉しいと思っていますので、宜しくお願いいたします。楽しい時間を過ごしましょう。」と挨拶する野原遥さん。

2人目に登場したのは、ぶどう農家の岩間恵さん(25才)。


「やっとお会い出来ました。」と伝え、バチェラーに山梨県の有名な果物を尋ね、「ぶどう」と答え正解するバチェラー。

実家で取れたぶどうで母親と作ったジャムをプレゼントし、「ブドウ」が大好きと伝えたバチェラーは、「いま食べてもいいですか?」と確認するバチェラー。

スプーンでアーンして食べさせる岩間恵さんに、「めっちゃ美味しいです。」と答えるバチェラー。

3人目に登場したのは、広告代理店でモデルで息子がいる田尻夏樹さん(30才)。


雰囲気的にシーズン1で登場した柏原歩さんに似た田尻夏樹さんは、キックボクシングにハマっている事をバチェラーに伝える田尻夏樹さん。

バチェラーにキックを防御する器具を渡し、豪快にキックをする田尻夏樹さん。

その後のインタビューでバチェラーは、「強烈でしたね、夫婦喧嘩したらヤバイな、負けるな。」とコメント。

4人目に登場したのは、OLの岩城ありささん(27才)。


自分が飼っている2匹のイヌと、バチェラーが昔飼っていたイヌの絵を書いて見せるアピール。

バチェラーも、自分が大切に飼っていたイヌを気にして書いてくれたことに対して好印象。

5人目に登場したのは、インディーズシンガーの金子実加さん(29才)。


シーズン2で登場した野田あず沙さんに、性格や思考が似た感じでの金子実加さんは、流暢なフランス語で挨拶してホッペにキス。

「友永さんと凄い共通点がたくさんあって、まだ気づかれていない共通点があるかもしれません。」と話す金子実加さんに、バチェラーは気になる様子。

6人目に登場したのは、社長秘書の国分亜美さん(29才)。


メルヘンな感じの国分亜美さんは、フラワーアレンジメントした可愛らしいプレゼントをバチェラーに渡す。

7人目に登場したのは、通訳/翻訳の韓国人女性の李起林さん(26才)。


チマチョゴリを着て登場した李起林さんは韓国語で軽く挨拶し、流暢な日本語でも話します。

8人目に登場したのは、IT会社で働く濱﨑麻莉亜さん(22才)。


フランスをイメージして作ったアイシングクッキーを、バチェラーにアーンして食べさせて、バチェラーもご満悦の表情。

9人目に登場したのは、焼き鳥屋で働く水田あゆみさん(30才)。


出会えた記念に贈り物を作った事を伝え、バチェラーの似顔絵と裏にはバラの絵がスタンプされたゴルフボールをプレゼント。

10人目に登場したのは、恋愛ライターの永合弘乃さん(27才)。


軽めの短い紹介のため、早めに落ちそうな予感。

11人目に登場したのは、ラウンジ勤務の佐々木あゆみさん(27才)。


軽めの短い紹介のため、早めに落ちそうな予感。

12人目に登場したのは、アパレル店員の徳田祐里さん(21才)。


軽めの短い紹介のため、早めに落ちそうな予感。

13人目に登場したのは、サロン経営の庄子智愉さん(30才)。


軽めの短い紹介のため、早めに落ちそうな予感。

14人目に登場したのは、大学生(看護学部)の浦田直佳さん(22才)。


軽めの短い紹介のため、早めに落ちそうな予感。

15人目に登場したのは、美容サイト運営の松木星良さん(28才)。


軽めの短い紹介のため、早めに落ちそうな予感。

16人目に登場したのは、運送業の古澤未来さん(30才)。


大型のダンプを自分で運転し、ドアを開けて履いていた靴を豪快に外に放り投げて登場。

「えぇ?」と驚いた表情のバチェラーに、「そんなパターンもあるんや?」とインパクトを与えました。

17人目に登場したのは、看護師の城田夏奈さん(23才)。


広島弁の可愛らしい訛のある方言で挨拶し、折り紙に想いを書いてハートの形にして手渡しアピール。

雰囲気的に、シーズン1でバチェラーに選ばれた蒼川愛さんに似ています。

18人目に登場したのは、下町ガールの加賀美碧さん(26才)。


先に登場した女性達がハウスの中から見ていているのを知りながら、緊張しているバチェラーに「触ってもいい?」と尋ね、ジャケットの中に手を入れて心臓の動きを確認。

「全然緊張していない!」と大きな声を出し、そのままスムーズに抱きつく策士家の印象。

19人目に登場したのは、DJの中川友里さん(29才)。


「よぉ!」と声を出した瞬間、新体操で使うリボンを華麗に回しながらバチェラーに近づき、バチェラーにリボンをかけて束縛。

独特なキャラで登場し、バチェラーにインパクトを与え、挨拶後は握手してハグしました。

20人目の最後に登場したのは、社長令嬢の髙田汐美さん(26才)。


肉食な感じの雰囲気が、シーズン2に登場した福良真莉果さんに似ている髙田汐美さんは、熱く抱き合った後に仕掛けます。

こっち見て(指で右を指し)、次こっち(指で左を指し)、やっぱしこっちと言ってバチェラーが正面を向いた瞬間に、強引に唇を奪いにいきます。

バチェラーが驚いて顔を横に動かしたため、唇は完全にを奪われませんでしたが、バチェラーに印象付けました。

■スポンサーリンク■

カクテルパーティー開始


バチェラー・ジャパンのシーズン1とシーズン2でも司会進行役を務めた坂東工さんが登場。

20人の女性達にルールを説明し、バラを受け取ったら残り、受け取れない場合は帰ることを伝えます。

その後、バチェラーの友永真也さんが登場し、今回の出演で結婚について、あるモノを用意したことを発表。

それは指輪で、ダイヤ・ルビー・サファイアが入って、世界の1つでオーダーしたことを伝えると、20人の女性達は興奮。

バチェラーの挨拶で乾杯してカクテルパーティーが開始。

最初は、水田あゆみさんが好きな女性のタイプをバチェラーに尋ねると、「芯が強い女性」と回答。

バチェラーの横に座る田尻夏樹さんが、「2人で話すやつ誘って欲しい」と甘え声でアピールします。

しかし、バチェラーは1つ決めていたことがありました。

それは、ツーショットに「自分から誘わない」「誰が一番最初に誘ってくれるのか」を見たい。

その事をを知らない髙田汐美さんが「ツーショット行きませんか?」と、一番最初にバチェラーにアプローチしました。

ツーショット開始

バチェラーは髙田汐美さんに、レッドカーペットの自己紹介で、唇にキスをされた時に避けたことを冗談交じりに謝りました。

どんなことも受け入れる覚悟でいたが、ふと避けてしまったが、4分の1は唇を奪われたと笑いながら談笑。

楽しく会話している最中、「長くないですか?」と佐々木あゆみさんが会話を中断。

その後も直ぐに、ハウスの中に居た永合弘乃さんが、国分亜美さんに一緒にバチェラーの元に行こうと誘い向かう。

最初にツーショットしていた髙田汐美さんがその場を離れ、他の女性達も現れます。

その後、金子実加さんも外に向かうが、バチェラーの元には行かず、見える範囲でアピール。

バチェラー達が座っていたソファーには5人しか座れず、それを理由に後で2人でお話がしたいと伝え、ハウスの中で待っている言い国分亜美さんがその場を後にする。

その後、バチェラーは女性達から離れて、外に居る金子実加さんの元に向かう。

■スポンサーリンク■

初めましてではない?

金子実加さんはバチェラーに、「私、友永さんは本当に、嘘偽りなく、運命の人だと思っていて」と話し、「それをお伝えしたくて」「初めましてではないんですよね」「本当は」と、意味深な感じで伝える。

その時、ハウスの中では、何人かの女性達がバチェラーの元に邪魔しに行くように、先程中で待っている話した国分亜美さんに仕向ける。

バチェラーの元に向かい、金子実加さんとのツーショットを中断する国分亜美さん。

ツーショットでメルヘンな感じでゆっくりと喋る国分亜美さんにバチェラーは、社長秘書は眼鏡をかけて喋るのが早いイメージをもっていたことを話す。

いつもはもっとピリッと早口で喋ることを伝えた国分亜美さんに対して、いつものようにピリッとした早口の姿を見たいと伝える。

早口で喋る国分亜美さんに対してバチェラーは、早口の方が良いことを伝えます。

きりの良いところで水田あゆみさんがツーショットで話したい旨を伝える。

母からの教え

水田あゆみさんは、母親から欲しいと思うものは、最初に自分から渡しなさいと教えられたことを話します。

レッドカーペットの自己紹介で、バチェラーにプレゼントしたゴルフボールの裏にバラが描かれていた事は、バラを貰いたいアピールをしていたことをそれとなく伝える。

また、過去にホステスを10年していた事を告白し、そんな女性でも大丈夫ですか?と質問。

バチェラーは、ホステスの職種は接客のプロとして、特に北新地で働いていた水田あゆみさんに対して尊敬する旨を伝え、2人の距離が一歩近づいた雰囲気になります。

場面は切り替わり、野原遥さんとツーショットをしている最中、ハウスの中から複数の女性達がバチェラーを呼ぶシーンに切り替わります。

簡潔な動画編集で、ツーショット中にバチェラーの右手にキスをする女性や、バチェラーの頭を膝にのせて首ツボのマッサージをする女性が現れますが、シーズン1〜2を観た経験上、エピソード1でバラを受け取れない予感が・・・(苦笑)

■スポンサーリンク■

ファーストインプレッションローズ

首ツボのマッサージをしている最中、濱﨑麻莉亜さんが話したい旨をバチェラーに伝えますが、「一度、(ハウス)中の方で、お願いしてもいいですか」と伝えられ、ハウスに戻る濱﨑麻莉亜さん。

バチェラーが女性達が待つハウスに戻り、先程、声をかけた濱﨑麻莉亜さんではなく、岩間恵さんをツーショットの指名をします。

バチェラーが外に岩間恵さんを連れ出す姿を見る濱﨑麻莉亜さんは、悲しそうな表情で見守ります。

岩間恵さんと、レッドカーペットの自己紹介でプレゼントされて食べたジャムの話や、岩間恵さんの家族の話しをした後、飲み物を取ってくると伝え、ハウスに戻るバチェラー。

残された19人の女性達が見守る中、ハウスの中にあるバラを1本取り、岩間恵さんの元に戻ります。

バチェラーが、「僕が初めて渡す、ファーストローズです。」と切り出します。

ローズを渡す理由として、「ローズセレモニーで話した時に家族像が見えた」「凄い楽しそうな家族像が見えた」ことを伝え、ファーストインプレッションローズの最初のバラを渡しました。

19人のライバルの女性達が待つハウスに戻る岩間恵さん。

バチェラーもハウスに戻り、お話がしたいと話した濱﨑麻莉亜さんの隣にバチェラーがソファーに座ります。

■スポンサーリンク■

次のツーショットの相手は?

濱﨑麻莉亜さんと話すのかと思いきや、濱﨑麻莉亜さんの横に座る城田夏奈さんをツーショットに誘うバチェラー。

バチェラーと城田夏奈さんが外に行く姿を、泣き出しそうな表情で見守る濱﨑麻莉亜さん。

看護師として働く城田夏奈さんに、休んで参加しているのか、辞めて参加してるのかを確認するバチェラー。

休んで参加している事を伝え、担当している患者さんとのやり取りで折り紙をレッドカーペットの自己紹介で渡した事を告白する城田夏奈さん。

それは、メールがない時期に折り紙に書いて文通をしていた患者の話を参考に、それを真似してバチェラーに折り紙に想いを書いていたと、広島の可愛らしい訛で話します。

城田夏奈さんとのツーショットを終えたバチェラーはハウスに戻り、ついに濱﨑麻莉亜さんの隣に座るのかと思いきや、すでにツーショットで話した水田あゆみさんの隣に座ります。

その瞬間、司会進行役の坂東さんが訪れ、ローズセレモニーの時間とバチェラーに伝えてカクテルパーティーが終了。

■スポンサーリンク■

エピソード1話のローズセレモニー

ローズセレモニーは、バチェラーの中で最も重要なイベントです。

各エピソードの最後に必ず行われるローズセレモニーでは、毎回、一定数のバラが用意されていますよ。

バチェラーが残って欲しいと思う女性の名前を一人ずつ呼び、バラを手渡します。

また、バラを受け取れない女性は、その場で残ったメンバーとバチェラーに別れを告げ、直ぐに帰宅して終わります。

エピソード1話では、20人中15人の女性にバチェラーがバラを渡しますよ。

すでに、ファーストインプレッションローズで岩間恵さんが受け取ったので、残り14人がバラを受け取れます。

以下に、バラを受け取ることができた岩間恵さんと14人の女性と、呼ばれなかった5人の女性を紹介しますね。

■スポンサーリンク■

バラを受け取った15人の女性達

・ファーストインプレッションローズ:岩間恵

・1人目に呼ばれる女性:髙田汐美

・2人目に呼ばれる女性:野原遥

・3人目に呼ばれる女性:金子実加

・4人目に呼ばれる女性:岩城ありさ

・5人目に呼ばれる女性:田尻夏樹

・6人目に呼ばれる女性:古澤未来

・7人目に呼ばれる女性:中川友里

・8人目に呼ばれる女性:李起林

・9人目に呼ばれる女性:加賀美碧

・10人目に呼ばれる女性:水田あゆみ

・11人目に呼ばれる女性:徳田祐里

・12人目に呼ばれる女性:城田夏奈

・13人目に呼ばれる女性:浦田直佳

・14人目に呼ばれる女性:濱﨑麻莉亜

バラを受け取れなかった5人の女性達

・国分亜美

・松木星良

・永合弘乃

・佐々木あゆみ

・庄子智愉

■スポンサーリンク■

バチェラーシーズン3エピソード1話のまとめ

今回は、バチェラージャパンシーズン3のエピソード1話のネタバレと感想を紹介しました。

個人的に、最後まで残りそうな女性メンバーは、以下の5人を予想。

1:野原遥さん
2:濱﨑麻莉亜さん
3:岩間恵さん
4:水田あゆみさん
5:城田夏奈さん

中でも、濱﨑麻莉亜さんと、岩間恵さんと、城田夏奈さんが残る予感がします。

しかし、バチェラーは、気が強い、芯がある、引っ張ってくれる強い女性がタイプとあげているため、野原遥さん、水田あゆみさんも最後まで残りそうな感じもしますよ。

エピソード2話からは、バチェラーとのデートが開始されます。

バチェラーとのデートをゲットできる女性メンバーは誰になるのか気になりますね。

エピソード2話を観てから、続きを投稿したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【炎上・話題・最新記事】
合わせて読みたい話題の記事

ピックアップ関連コンテンツ

■スポンサーリンク■